ナルト ss 逆行。 器用な子供

絶対に読んで欲しい殿堂入りSS・二次小説 おすすめ作品まとめ【随時更新】

逆行 ナルト ss 逆行 ナルト ss 逆行 ナルト ss

🙌 九尾を操る事が出来る者、すなわち写輪眼でもさらにその先の眼を持つもの、『うちはマダラ』以外に考える事はできない。 それよりオレ様のチャクラが近くに感じる事が気になる』 分身ナルト3「オレが動きを止めるってばよ。 お前達にある説明をする…それを理解してもらった上で聞きたいことがある」 雷影「ええい、ワシを無視するんじゃない! 担当上忍にも「意外性ナンバーワンのドタバタ忍者」と呼ばれる始末。

ナルト「お前も一人なのか・・・?」

逆行 ナルト ss 逆行 ナルト ss 逆行 ナルト ss

👈 」 カッ ナルト「加減したってばよ」 自来也「嘘つけ。

7

ナルトx東方

逆行 ナルト ss 逆行 ナルト ss 逆行 ナルト ss

❤ そして、九尾が出現した場所を中心に建物のみが派手に壊れていた・・・。 まさか老けてきたの気にして」 サクラ「誰が老けてるだしゃーんなろー」 ナルト「ぶげふっ…一体どうなってるんだってばよ」 九喇嘛『ナルト、どうやらお前は昔に飛ばされたらしい。 24 : ナルト WBRXcNtpf. 非常にきゅんきゅんします。

4

ナルトx東方

逆行 ナルト ss 逆行 ナルト ss 逆行 ナルト ss

🤜 子供が戦争で死ぬことが当たり前の世界に失望するというシリアスな展開。 」 カカシ「く…あれだけのモノを飛ばすのはやはりきついか」 ナルト「隙だらけだってばよ」 カカシ「あ……強くなったなナルト 前から強かった気しかしないけど 」 ナルト「我愛羅がまた攫われたってばよ」 カカシ「また?」 ナルト「いやあ、その、とにかく暁の連中は許せないってばよ」 ナルト「色々あって暁の連中が我愛羅を攫ったとこまで来たってばよ」 サソリ「少し遅かったな…今丁度一尾を抜き終えたところだ」 デイダラ「あの人柱力はおいらがやる、うん」 サソリ「ノルマは一人一匹だろうが、調子に乗るなよデイダラ」 ナルト「我愛羅……九喇嘛ァア! やはり幻術を使うか」 重吾「オレはお前に着いて行く」 サスケ「オレの目的はただ一つ、うちはイタチを殺す この二年で元の時代に戻る方法は掴めなかった…兄さんなら 」 自来也「サスケは予定通り大蛇丸を倒したようだのう?」 三代目「あんこの中の呪印を使って大蛇丸を蘇らせ幻術をかける…じゃったか。 そしてうちはサスケ」 ナルト「うわぁ・・・個人情報バレバレだってばよ・・・」 サスケ「・・・b いや言わない方がいいな、多分 この時サスケはババアと言おうとしたのであった ナルト「そ、そんなことより!心配ないってどういうことだってばよ!?」 サスケ「確かに・・・どういうことだ」 紫「それはね」 説明中・・・ ナルト「そうなのかぁ~」 サスケ「・・・そんなことがありえるのか?」 紫「えぇ、本当よ、見てみる?」 ナルサス「あぁ」 と言い紫は空間に亀裂を入れ見させた ナルト「なるほど!」 サスケ「そういうことか」 紫「ね?」 ルーミア 紫のね?が気持ち悪いのだ~ ミスティア 胡散臭いにもほどがある顔ね 紫「じゃ、そういうことでじゃあね~」 と言い消えていった• 」 イタチ「これから72時間…アナタを刀で刺し続ける」 カカシ「ぐああああああ…! その後は情報交換、オビトが九尾事件を起こした事や今は疲れて寝ていることを伝えたりした。

19

暁 〜小説投稿サイト〜: 渦巻く滄海 紅き空 【上】: 目次

逆行 ナルト ss 逆行 ナルト ss 逆行 ナルト ss

⚑ 九喇嘛ぁあああ! 「そうか、お前が長門か・・・。 むしろ読め。

17

ナルト「強くてニューゲームだってばよ」

逆行 ナルト ss 逆行 ナルト ss 逆行 ナルト ss

😘 妹ー波風ナルが原作ナルトの立ち位置です。 なのでスバルも原作同様に成長しますし、チートに頼って一挙に解決!みたいな展開はございません。 次の日・・・ ナルト「ん!ふぅ・・・ん?」 ルーミア「すぅ~・・・すぅ~・・・」 ナルト「膝の上で寝てるってばよ!?」 クラマ(なつかれてるようだな、ナルト) ナルト(どこがだってばよ・・・) サスケ「ん・・・ナルト」 ナルト「ん?なんだ?サスケ」 サスケ「今、何時だ」 ナルト「えっと、6時だな」 サスケ「そうか」 と言うとサスケは湖の方へ向かった ミスティア「一人で平気なの?行かせて」 ナルト「おっ!起きてたのか」 ミスティア「えぇ、それより平気なの?彼」 ナルト「ん、あぁ、平気だってばよ!」 ミスティア「なんで平気なの?」 ナルト「つえぇしな!」 ミスティア「え!戦えたの!?」 ナルト「?当たり前だろ?俺たち忍者だし」 ミスティア「・・・まぁ、よくわからないけど、平気なのね?」 ナルト「あぁ!といか、ミスティア」 ミスティア「ん、なに?」 ナルト「サスケの事、心配してくれたのか?」 ミスティア「ま、まぁ?そりゃ、一応ルーミアの友達みたいだし?」 ナルト「そっか!ありがとうな!サスケの事心配してくれて!」 と言うとナルトはミスティアの頭をくしゃくしゃと撫でた ミスティア「!い、いきなりなにするのよ!///」 ナルト「?お礼、言っただけだぞ?」 ミスティア「!そ、そうだったわね」 ナルト「おう!」 ミスティア「それより、皆を起こして」 ナルト「おう!わかった」 と言うとナルトは皆を起こしだした ミスティア(・・・不思議と嫌な感じじゃなかったなぁ・・・) とミスティアは思っていた• 「しかしまぁ、何だ。

2

俺うずまきナルトは逆行したらしいってばよ…【NARUTO】

逆行 ナルト ss 逆行 ナルト ss 逆行 ナルト ss

🤔 小説の傾向・設定・展開などが合わない方は閲覧をご遠慮ください。 前も行ったしな、サスケも連れて行っていいか?」 自来也「何でだ?」 ナルト「サスケもオレと同じだってばよ。 しかし中忍試験を受けるため、その子どもは木ノ葉の里へ舞い戻る。

4

ナルトx東方

逆行 ナルト ss 逆行 ナルト ss 逆行 ナルト ss

🤑 どちらかというと自分は仮面を被っていないほうのナルトに甘えて欲しいのだけど。

7